柳生一族の陰謀

d0105153_182560.jpg これ、傑作です。善と悪、生と死、愛と憎、真と偽など相反するものが渾然一体となって押し寄せるうねりは迫力満点。

 ストーリーは、徳川三代将軍の座を巡り、二代将軍秀忠の長男 家光を推す勢力と、次男 忠長を推す勢力との争いが表面化するところからはじまる。さらに幕府内の抗争に加え、幕府失墜のチャンスを狙う公家達も策略を練る。家光派(家光はこの映画では完全無欠のバカ殿)の柳生但馬守宗矩は、息子の十兵衛を使って策略を遂行する。しかし父親に利用されたことを知ったの十兵衛は…。

 う〜む、時代劇だからこそ描ける世界観、そして萬屋錦之介、千葉真一、松方弘樹、成田三樹夫、三船敏郎、金子信雄など大物・くせ者が集結したキャストは必見! こんな濃ゆい世界はそうそう見られません。
 萬屋センセの歌舞伎調のセリフまわしは正直‘どうなの?’という思いが過ぎらないわけではないが、これもセンセのスケールのデカさだと思って我慢すべし。(きっと深作監督、大変だったろうなぁ…)

 それと、千葉真一のカッコいいこと! 本作といい、『魔界転生』といい、ハマり過ぎ。柳生十兵衛はこの人以外は演じてはダメ。
 深作&チバシン コンビでもっと柳生十兵衛モノつくってほしかったなあ。
[PR]
# by ichio1970 | 2008-10-15 18:02 | 1970

バニシング・ポイント

d0105153_19411139.jpg デンバーからカリフォルニアまで15時間で走れるか? このまるっきりガキんちょなワンアイデアを1本の映画にしてしまったのがこの『バニシング・ポイント』。
 アメリカン・ニュー・シネマの代表作と称される本作。確かに舞台の設定はモロそんな感じだけれど、ただクルマをカッ飛ばし、カーチェイスで白バイやパトカーがクルクル横転するだけのバカ映画として観た方が断然オモシロイ。
 だって、あの人をおちょくったようなラスト、あれはどう考えても“やっつけ仕事”でしょ。実際、監督のリチャード・C・サラフィアンは後に「映画会社にニュー・シネマ風に撮ってくれと強要された」と文句を言っているらしい。
 ただ、過激(単なるヤケクソだと思いますが)とも言える『イージー・ライター』を超える(単なるパクリという気もしますが)あまりに唐突なラストが、バカ映画としての価値も上げていることは確か。
 それに、カーチェイスで事故った警官をいちいち心配そうに見に行く主人公 コワルスキーのキュートな姿は「どこが反体制やねん!」と突っ込まずにはいられない。これも監督の皮肉だったに違いない。

 ストーリーはさっき書いたことがすべて。
 途中から盲目のDJ スーパーソウルが警察無線を盗聴してラジオ番組でリアル情報を流し、まわりが勝手に盛り上がるところなんかは今のネット文化に通じる。最後の最後に野次馬がシラ〜とした顔をして、散り散りに帰っていくとこなんかはリアル。
 CG一切なしの無添加カーアクションは、たいしたことをしてなくてもやはり迫力がある。でも、この作品の最大の魅力は、どのシーンも構図がビシッときまっていること。こういうカッコ良さって、今の映画にはない。
[PR]
# by ichio1970 | 2008-09-30 19:41 | 1970

ポンヌフの恋人

d0105153_1446111.jpg 大学生の頃初めてこの映画を観たときはピンと来るものがなく、自分とは無縁の映画だと思いつづけて15年。
 それが2、3年前に『マッドマックス2』や『ブレードランナー』『アキラ』などに連なる汚れた都市像を描いたデストピアムービーとして大復活!
 あの朽ち果てたポンヌフ橋には間違いなくデストピアの魅力が刻み込まれている。映画の設定では橋以外の場所(パリ)は普通の街なみなんでしょうが、どことなく世界中が崩壊したように思えてくる。
 それにアレックスの顔と動きが『マッドマックス2』に出てくるウェズ以上にこわれていて、より世紀末感が強くなっている。
 なかなかへヴィな都市造形です。

 もともと恋愛モノに興味がないせいか、物語自体はまったく理解できない。突然橋の上で踊り出すわ、人を焼き殺すわ、橋から突き落とすわ、この人たち何をやってるんでしょうか。
[PR]
# by ichio1970 | 2008-06-04 14:48 | 1990

ホーリー・マウンテン

d0105153_1428126.jpg キング・オブ・奇才、アレハンドロ・ホドロフスキーによるヘニョヘニョでグニョグニョな濃厚世界。
 聖典やコーラン、仏典、さまざまな民俗(族)学への問題意識がベースになっている異色の社会派作品!と言いたいところだが、主人公である救世主がTバックを履かされて市中引き回しにされたり、肛門丸出しでゴシゴシ洗われたり、ウンコを燃やしたカプセルに閉じこめられたりするシーンを延々見せられると、小難しい問題意識なんてどうでもよくなってくる。
 はっきりいって何が言いたいのか分からない。でも、ホドロフスキーがつくり出した強烈な映像とそこから生まれるイメージは意識の奥深くに染み込んで、ちょっとやそっとでは忘れられなくなる。
 グロいシーンの連発で途中から疲れてくるが、ラストシーンを見ると妙にスッキリした気分になる。
 ホドロフスキーが本作の後撮った作品は『サンタ・サングレ 聖なる血』のみ。まぁこんな作品をつくってしまったら、他につくりたいものなんかなくなってしまうような気がする。

 ところでホドロフスキーはこの作品の後、大作『砂の惑星』のメガフォンをとることになったのだが、結局プロデューサーとモメて降板。最後に「オレ様を誰だと思ってるんだ、ホドロフスキー様だぞ!!」と吐き捨てて姿を消したとか。彼の後監督をまかされたデヴィッド・リンチは四苦八苦しながらも無事完成させた。オトナである。
[PR]
# by ichio1970 | 2008-04-09 14:28 | 1970

デス・プルーフ IN グラインドハウス

d0105153_21515282.jpg 映画として優れているのかどうか、おもしろいのかどうか正直判断つかないが、作中の世界に‘異様な熱’を感じることのできる久々のタランティーノ印作品。
 『パルプ・フィクション』以降どうも乗り切れい作品がつづき、『レザボア・ドッグス』と『パルプ・フィクション』がたまたまだったんじゃないの?という気がしないでもなかっただけに嬉しい誤算。
 今作はカート・ラッセル扮する世界一情けないサイコキラー‘スタント・マイク’を筆頭に魅力あるキャラクターが登場するほか、まったく意味のないバカトークも満載で、ここのところうっとうしくなっていたタランティーノの映画オタクぶりが味つけにおさまっているところがいい。
 ファンの間ではガールズトークの評価が高かったりするが、個人的にはそれ自体におもしろさはあまり感じない。それよりも、そんなアホな会話をしている裏でストーリーが進んでいることにおかしさを感じる。要するにドリフのコントで‘志村、うしろうしろ!’と叫ぶあの心境。『キル・ビル』にはこのトンマさが欠けていた。
 前半と後半で作品のテイストがコロッと変わってしまうところもナイス。前半丸ごと使ったネタふりが後半活きている。これだけ思いきったことのできるタランティーノって、やっぱり凄い。
[PR]
# by ichio1970 | 2008-04-03 21:52 | 2000

戦場のメリークリスマス

d0105153_20141715.jpg 成島東一郎のカメラ、坂本龍一の音楽、出演者の(ぎこちない)演技が相まって摩訶不思議な世界を描き出している異色作。(個人的にはフェイバリットのひとつ)
 舞台となるジャワ島の日本軍捕虜収容所とそこでうごめく人の中には、生と死、西洋と東洋、過去と現在、組織と個人、友情と愛など相反する要素が渦巻いており、登場人物の心だけでなく観る者の心もジリジリとあぶる。
 そのせいかだんだん感覚が麻痺してきて、ヨノイやセリアズがどこへ行こうとしているのか、映画としてどう決着するのかが読めなくなってくる。
 脚本の構成はすごく図式的なのに、登場人物の心の揺れや収容所が持つ魔力が感じられるのは、やはり大島渚の演出力のせいだろうか。いや、それはこの映画のために集まったキャストとスタッフの間に起こったマジックのせいだろう。
 まぁ、そんなことをウダウダ考えて観るよりも、ただ映画に身を任せて観る方が‘どこか別の場所’に連れていってくれる。
[PR]
# by ichio1970 | 2008-02-06 20:14 | 1980

ワイルド・パーティー

d0105153_1124633.jpg 青春、音楽、エロ、サイコ、サスペンスなど、さまざまな映画のエッセンスをこれでもかいうくらい盛り込んだ、奇才ラス・メイヤーによるオール・イン・ワンな作品。
 ひとつひとつの要素は明らかに落第点(というか滅茶苦茶)なのに、そんなことお構いなしに‘うりゃ〜’とブチ込んだら傑作になったのはラス・メイヤーの才能なのか単なる偶然なのか、それは謎。
 しかし、ヒロインが登場する女の子の中でいちばんのブサイクで、セックスしまくり、おまけに意味のないシーンで見たくもないオッパイを出すのは明らかに狙い。要するにデカパイが出ていれば万事OKというワケ。
 とはいっても画のセンスと編集技術はさすが。決めのカットは逐一カッコいいし、ラストの追跡シーンは迂闊にもハラハラしてしまう。
 Zマンの正体が明らかになった時など驚きを超えて、ポッカ〜ンです。

 それにしても何でこんな映画を20世紀フォックスが配給したのか、それが最大の謎。
[PR]
# by ichio1970 | 2008-01-16 11:25 | 1970

28日後…

d0105153_13472319.jpg ダニー・ボイルが挑戦したゾンビ映画。
 『トレインスポッティング』のせいでスタイリッシュな映画を撮る監督というイメージがつき、中途半端な作品を撮り続けていた彼だが、ゾンビというキッチュな素材を手にして本来のチカラを発揮した。
 この作品のエラいのは‘怖いゾンビ映画’を撮ろうとしているところ。当時のゾンビ映画は熱心なファンをターゲットにしたフェイクや安易なパロディに逃げている作品が多かったため、ゾンビが怖いことに新鮮さを感じるという珍現象が起こった。
 彼はゾンビを恐ろしくするために‘走るゾンビ’を登場させ往年のファンからブーイングを喰らったが、個人的には画期的な発明だと思う。(走るゾンビはその後リメイク版『ドーン・オブ・ザ・デッド』で極められる)

 また、この作品に登場する無人化したロンドンの造形が素晴らしい!退廃した大都市をマッドマックス的でもブレードランナー的でもない視点で描いたことはもっと評価されるべき。(同じく誰もいなくなったニューヨークを舞台にした『アイ・アム・レジェンド』がどのような都市像を描いているのか見てみたい)

 よく出来た作品だけれど、ゾンビの存在感がないのが残念。
[PR]
# by ichio1970 | 2008-01-11 13:48 | 2000

デッドマン

d0105153_16332787.jpg ジム・ジャームッシュ&ジョニー・デップという異色コンビによる、ロード&トリップムービー。

 仕事を求めて西部の田舎町に辿り着いた会計士 ブレイクが行きがかりで人を殺してしまい、殺し屋から追われる羽目に。途中、摩訶不思議なネイティブ・アメリカンの男に助けられ行動を共にするようになるが、追っ手は徐々に迫り…と、ストーリーはいたって単純。

 しかし内容が普通じゃない。とにかく最初から最後まで‘死’であふれかえっている。冒頭のブレイクが乗る汽車から不吉な空気が充満しており、町に着いていきなり目に飛び込んでくるのは棺桶の山。そして、ジョン・ハート扮する工場長が登場すると一気にストレンジ・ワールドへ突入。そしてその後は人が死んで死んで死にまくる。みんな、いとも簡単に殺したり殺されたりするため、だんだん目の前で繰り広げられていることが理解できなくなってくる。さらに全編に流れるニール・ヤングのギターが深いトリップへ引き込む。
 そんな中、ハッと我に返るのが、傷を負ったブレイクが死んだ子鹿を抱くシーン。死を悟ることではじてめ生を感じるという、何とも悲しく そして美しい映像美。

あと、この作品の序盤には蒸気機関車や工場なんかが出てきて、スチームパンク的なテイストがあったりしておもしろい。
[PR]
# by ichio1970 | 2007-12-28 16:34 | 1990

ゾディアック

d0105153_15454229.jpg 60年代後半から70年代にかけてアメリカで実際に起きた連続殺人事件 ゾディアック事件を描いた、デヴィッド・フィンチャーによるサスペンス映画。
 フィンチャーには『セブン』以来、傑作とお仕事モード作品(それでも大抵の映画よりおもしろい)を繰り返す‘フィンチャーの法則’というものがあり、順番からするとこの作品は傑作になるはずだったのだが結果は……やっぱり傑作だった!
 
 この作品がおもしろいのは、迷宮入りした犯人捜しをするミステリーではなく、事件に巻き込まれて壊れていく新聞記者・刑事・漫画家に焦点を当てているところ。謎解きの魔力に取り憑かれ、人生を狂わせていく様がじっくりみっちり描かれている。
 フィンチャーはあくまでも事実をベースにしながら、娯楽映画としてもおもしろい作品に仕上げている。確実に次のステージに上がりました。
 それとハリス・サヴィデスの撮影が素晴らしい。この人は『エレファント』でヤ透明感のある狂気ユと呼びたくなる映像美を描き出していたが、今作では一転70年代の作品のような ささくれ立ったテイストを表現している。フィンチャーと共に彼も今後の活動が楽しみ。
[PR]
# by ichio1970 | 2007-12-08 15:46 | 2000