カテゴリ:1960( 3 )

猿の惑星

d0105153_12361144.jpg SF映画の最高作でありながら、一時はお正月になると時間つぶしのために放送される便利ムービーに落ちぶれていた過去を持つ。
 日本で本来のポジションを取り戻したのは、コーネリアスこと小山田クンの功績が大きい。
 この作品の最大の見せ場はラストなのだが、DVDのパッケージで堂々とネタばらしをしているので(パッケージの監修したの 浜村純?!)、ここでも少し触れることをお許しいただきたい。

 『猿の惑星』が素晴らしいのは、‘んなアホな!’という世界を観客に突っ込まれながらも最後まで見せてしまうパワーを持っていること。タイトルバックのド級にチープな宇宙空間や村にしか見えない猿の国も全然アリ。これは脚本・演出・役者が良い仕事をしている証拠。
 世の中に嫌気がさして宇宙旅行に出たテイラーだからこそ、ラストの叫びに重みが出てくるというもの。こういう人物描写って、最近のハリウッド映画に欠けている。
 あと、観る者の感情を完全にコントロールしてしまう ジェリー・ゴールドスミスによる音楽がとんでもなく素晴らしい。川口探検隊が使うのもうなずける。

 そういえば、猿の惑星にいる猿って英語を喋ってるんですね。テイラーと同じく、まったく気づきませんでした。
 興味のある方は、この後ダラダラつづくシリーズ作に手を出してみるのもなかなかオツ。
[PR]
by ichio1970 | 2007-12-04 12:38 | 1960

ほら男爵の冒険

d0105153_1464974.jpg チェコアニメ界の大御所カレル・ゼマンの美しく摩訶不思議なおとぎ話。といってもお子様が見るような代物ではなく、ブッ飛んだ頭の中でつくられた濃厚なストレンジムービー。
 全編アニメと実写の合成映像で、これが舌を巻く素晴らしさ。色・構図・世界観、すべてにズバ抜けた美的センスがあり、観る者のイマジネーションをかき立たせる。
 
 この映画はおよそ50年前の作品ながら、昨今のCGなんて足下にも及ばない迫力と美しさ。リアルで情報量が多いだけじゃ人を魅了することはできないということを改めて知らされる。

 しかしながらストーリーはあってないような散らかりよう。はっきり言って出鱈目。でもこのことが逆にカレル・ゼマンの映像美を引き立てているようないないような…。テリー・ギリアムが惚れ込んだのも分かる。(彼は本作をベースにして、これまた狂った怪作『バロン』をつくってしまう)
[PR]
by ichio1970 | 2007-04-17 14:07 | 1960

コレクター

d0105153_1910137.jpg モーガン・フリーマン主演の『コレクター』(原題:『キッス・ザ・ガール』)ではなく、ジョン・ファウルズの小説を映画化した方の『コレクター』。
 
 ストーリーは、孤独な銀行員フレディがギャンブルで儲けた大金で郊外の一軒家を買い、恋心を寄せていた女性を誘拐し、監禁するというお話。
 この作品が公開された時分は‘ありそうでない話’という感じだったのだろうが、今では日常茶飯事に起きていることだけに余計に怖い。

 この映画で最も強烈な印象を与えるのは、女性が監禁されている部屋。外界から遮断され、時間の概念もない空間はまさに魔界。しかし、妄想狂が自分の夢を実現させるためにつくり上げた小宇宙でもがく女性の姿は何とも美しい。このイメージはフレディの唯一の趣味である蝶の収集に重ねられ、詩的な美しささえ漂わせている。
 実はこの映画、『ローマの休日』を撮ったウィリアム・ワイラーの作品。甘いロマンスの名作をつくった監督が、一方で裏『ローマの休日』と呼びたくなるダークファンタジーを撮っていたとは、何ともドス黒いものを感じる。
[PR]
by ichio1970 | 2007-02-27 19:10 | 1960