<   2008年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

戦場のメリークリスマス

d0105153_20141715.jpg 成島東一郎のカメラ、坂本龍一の音楽、出演者の(ぎこちない)演技が相まって摩訶不思議な世界を描き出している異色作。(個人的にはフェイバリットのひとつ)
 舞台となるジャワ島の日本軍捕虜収容所とそこでうごめく人の中には、生と死、西洋と東洋、過去と現在、組織と個人、友情と愛など相反する要素が渦巻いており、登場人物の心だけでなく観る者の心もジリジリとあぶる。
 そのせいかだんだん感覚が麻痺してきて、ヨノイやセリアズがどこへ行こうとしているのか、映画としてどう決着するのかが読めなくなってくる。
 脚本の構成はすごく図式的なのに、登場人物の心の揺れや収容所が持つ魔力が感じられるのは、やはり大島渚の演出力のせいだろうか。いや、それはこの映画のために集まったキャストとスタッフの間に起こったマジックのせいだろう。
 まぁ、そんなことをウダウダ考えて観るよりも、ただ映画に身を任せて観る方が‘どこか別の場所’に連れていってくれる。
[PR]
by ichio1970 | 2008-02-06 20:14 | 1980