タグ:ACTION ( 4 ) タグの人気記事

柳生一族の陰謀

d0105153_182560.jpg これ、傑作です。善と悪、生と死、愛と憎、真と偽など相反するものが渾然一体となって押し寄せるうねりは迫力満点。

 ストーリーは、徳川三代将軍の座を巡り、二代将軍秀忠の長男 家光を推す勢力と、次男 忠長を推す勢力との争いが表面化するところからはじまる。さらに幕府内の抗争に加え、幕府失墜のチャンスを狙う公家達も策略を練る。家光派(家光はこの映画では完全無欠のバカ殿)の柳生但馬守宗矩は、息子の十兵衛を使って策略を遂行する。しかし父親に利用されたことを知ったの十兵衛は…。

 う〜む、時代劇だからこそ描ける世界観、そして萬屋錦之介、千葉真一、松方弘樹、成田三樹夫、三船敏郎、金子信雄など大物・くせ者が集結したキャストは必見! こんな濃ゆい世界はそうそう見られません。
 萬屋センセの歌舞伎調のセリフまわしは正直‘どうなの?’という思いが過ぎらないわけではないが、これもセンセのスケールのデカさだと思って我慢すべし。(きっと深作監督、大変だったろうなぁ…)

 それと、千葉真一のカッコいいこと! 本作といい、『魔界転生』といい、ハマり過ぎ。柳生十兵衛はこの人以外は演じてはダメ。
 深作&チバシン コンビでもっと柳生十兵衛モノつくってほしかったなあ。
[PR]
by ichio1970 | 2008-10-15 18:02 | 1970

バニシング・ポイント

d0105153_19411139.jpg デンバーからカリフォルニアまで15時間で走れるか? このまるっきりガキんちょなワンアイデアを1本の映画にしてしまったのがこの『バニシング・ポイント』。
 アメリカン・ニュー・シネマの代表作と称される本作。確かに舞台の設定はモロそんな感じだけれど、ただクルマをカッ飛ばし、カーチェイスで白バイやパトカーがクルクル横転するだけのバカ映画として観た方が断然オモシロイ。
 だって、あの人をおちょくったようなラスト、あれはどう考えても“やっつけ仕事”でしょ。実際、監督のリチャード・C・サラフィアンは後に「映画会社にニュー・シネマ風に撮ってくれと強要された」と文句を言っているらしい。
 ただ、過激(単なるヤケクソだと思いますが)とも言える『イージー・ライター』を超える(単なるパクリという気もしますが)あまりに唐突なラストが、バカ映画としての価値も上げていることは確か。
 それに、カーチェイスで事故った警官をいちいち心配そうに見に行く主人公 コワルスキーのキュートな姿は「どこが反体制やねん!」と突っ込まずにはいられない。これも監督の皮肉だったに違いない。

 ストーリーはさっき書いたことがすべて。
 途中から盲目のDJ スーパーソウルが警察無線を盗聴してラジオ番組でリアル情報を流し、まわりが勝手に盛り上がるところなんかは今のネット文化に通じる。最後の最後に野次馬がシラ〜とした顔をして、散り散りに帰っていくとこなんかはリアル。
 CG一切なしの無添加カーアクションは、たいしたことをしてなくてもやはり迫力がある。でも、この作品の最大の魅力は、どのシーンも構図がビシッときまっていること。こういうカッコ良さって、今の映画にはない。
[PR]
by ichio1970 | 2008-09-30 19:41 | 1970

燃えよ ドラゴン

d0105153_21161517.jpg ブルース・リーの名を世界中に知らしめたクンフー映画の傑作。
この作品が日本で公開された時、ブルース・リーはすでに亡き人となっており、彼はいきなり伝説の人となる。
 リーは撮影中すでに病におかされており、カラダの線が細くなっているもののアクションのキレは冴えまくり。しかし、敵役と脇役が見劣りするため、格闘シーンに物足りなさを感じるのも確か。ボスキャラのハンなんて単なるオッチャン。
 ただ、そのことがリーの超人ぶりを際だたせるという、思わぬ効果が出ていたりする。また、ハリウッドのB級監督 ロバート・クローズの頑張りやラロ・シフリンの音楽の効果もあり、迫力あるバトルシーンに仕上げている。
 ストーリーや設定はツッコミどころ満載だが、そんなものは完全無視して、ブルース・リーのアクションと表情を見て泣くのがこの作品の正しい鑑賞法。
DON'T THINK, FEE〜L!!
[PR]
by ichio1970 | 2007-07-27 21:16 | 1970

マッドマックス2

d0105153_157475.jpg 80年代、『ブレードランナー』と並んで近未来のイメージを植えつけた作品。
 『ブレードランナー』はアジアンゴシックと呼びたくなるスラム街、そして『マッドマックス2』はパンクファッションに身を包んだ悪党が徘徊する荒野が舞台。
 この時期の近未来を描いたSF映画は、ほとんどがどちらかの亜流になっていたくらい圧倒的な世界が表現されている。どちらも光り輝く明るい未来ではなく、汚く、秩序の崩壊したカオスが描かれたのは偶然ではなく、当時の社会情勢や人びとの不安感が滲み出てきたもの。
 こんな時代にとことん浮かれてバブルに突入していった日本は、外国から見れば完全にイカれた国だったに違いない。
 
 本作はビジュアル面では他を寄せつけない圧倒的なクオリティを誇っているが、ストーリー・人物描写はかなりいい加減。しかしマッドマックス シリーズは、マックスがV8インターセプターを乗り回し、ショットガンをブッ放してくれればそれでOK。
 と思ったら、インターセプターは早々に破壊され、ショットガンもほとんど不発。実はこの作品、かなり身もだえする寸止め映画である。
[PR]
by ichio1970 | 2007-02-21 15:08 | 1980