タグ:SF ( 4 ) タグの人気記事

猿の惑星

d0105153_12361144.jpg SF映画の最高作でありながら、一時はお正月になると時間つぶしのために放送される便利ムービーに落ちぶれていた過去を持つ。
 日本で本来のポジションを取り戻したのは、コーネリアスこと小山田クンの功績が大きい。
 この作品の最大の見せ場はラストなのだが、DVDのパッケージで堂々とネタばらしをしているので(パッケージの監修したの 浜村純?!)、ここでも少し触れることをお許しいただきたい。

 『猿の惑星』が素晴らしいのは、‘んなアホな!’という世界を観客に突っ込まれながらも最後まで見せてしまうパワーを持っていること。タイトルバックのド級にチープな宇宙空間や村にしか見えない猿の国も全然アリ。これは脚本・演出・役者が良い仕事をしている証拠。
 世の中に嫌気がさして宇宙旅行に出たテイラーだからこそ、ラストの叫びに重みが出てくるというもの。こういう人物描写って、最近のハリウッド映画に欠けている。
 あと、観る者の感情を完全にコントロールしてしまう ジェリー・ゴールドスミスによる音楽がとんでもなく素晴らしい。川口探検隊が使うのもうなずける。

 そういえば、猿の惑星にいる猿って英語を喋ってるんですね。テイラーと同じく、まったく気づきませんでした。
 興味のある方は、この後ダラダラつづくシリーズ作に手を出してみるのもなかなかオツ。
[PR]
by ichio1970 | 2007-12-04 12:38 | 1960

ブレードランナー

d0105153_13373111.jpg  とにかくリドリー・スコット&ジミ・シードが生み出した未来の都市空間が素晴らしい。超高層ビルの下にうごめくアジアン・テイストなスラム街。住みたくはないが、一度は行ってみたい。
 それまでの未来像といえばハイテクで洗練された世界というのが大半だったが、この作品では科学は進歩していながら生活環境は後退しているというアンバランスな世界観が提示されている。(汚れた未来像を提示したのは『スター・ウォーズ』が先だが、ここまで徹底されていなかった)
 『ブレードランナー』で描かれた未来都市はその後SF映画のDNAレベルまで浸透してしまい、未だにこれを超える世界観は生み出されていない。『ブレードランナー』『マッドマックス2』『未来世紀ブラジル』が凄すぎたんで
 また、この作品にはハードボイルとクラシカルな恐怖映画の雰囲気が取り入れられていて、独特の空気間を漂わせている。リドリー・スコットは後のディレクターズ・カットでいかにもハードボイルチックなナレーションをカットしたが、個人的にはオリジナルバージョンが好き。(完全版でのユニコーンのシーンも説明っぽくていただけない)
 もうひとつ特筆すべき点は、敵であるレプリカントの死に様。女のレプリカントは主人公に後ろから撃たれてしまうし、大将のバディーがうなだれて死ぬシーンは悲しすぎる。
 文句なしの傑作にも関わらず、主演のハリソン・フォードはこの作品をひどく嫌っているのだとか。
[PR]
by ichio1970 | 2007-09-29 13:38 | 1980

未来世紀ブラジル

d0105153_16152049.jpg テリー・ギリアムの代表作というだけでなく、SF映画を代表する傑作。
 特にストーリーと美術はタメ息もので、テリー・ギリアムのあふれんばかりのイマジネーションを楽しめる。
 物語の前半はウィットに富んだセンスを散りばめながら軽快に進んでいくのだが、知らない間に悪夢的迷宮に迷い込んでいるという、怖い映画である。
 コーエン兄弟も『未来は今』で本作の前半部分のテイストとレトロなゴシック美術を借用(?)したが、あらゆる面でこちらの方が上。
 
 また、ジョナサン・プライス、ロバート・デ・ニーロ、イアン・ホルムといった役者陣も、嫌味な演技になる一歩手前の怪演で、それぞれいい味を出してる。さすが!
 
 この作品以降テリー・ギリアムのテンションは落ちる一方で、『ブラザーズ・グリム』を観たときは‘終わった’と思ったが、『ローズ・イン・タイドランド』で復調。あと1本でいいから『未来世紀ブラジル』クラスの作品をつくってほしい。
[PR]
by ichio1970 | 2007-08-17 16:16 | 1980

エイリアン4

d0105153_1716090.jpg 大方のエイリアンファンの間で「3」と「4」はこっぴどくコキ下ろされているが、今改めて観直すと意外におもしろい。(とはいえ、エイリアンの恐ろしさを感じさせる得体の知れない不気味さと、生理的嫌悪感が発散されているのは1作目だけ)
 ジャン・ピエール・ジュネによるこの4作目は、2作目から失われていた生理的嫌悪感を取り戻そうとしている点でも好感が持てる。オープニングのヌメヌメ映像を観れば、ジュネがこの点を意識してつくっていたことが分かる。
 基本的なストーリーは過去3作とほぼ同じだが、内容はジュネが「エイリアン」というネタを使ったパスティッシュといった趣。だから怖くないばかりか、笑いを誘うシーンがところどころに盛り込まれている。リブリーがクローンで、エイリアンの母親になってしまう設定などは、ゲラゲラ笑いながらつくったのではないかと思うくらい。
 しかし作品自体はしっかりつくられており、SFアクションとして十分楽しめる。また、ダリウス・コンジのカメラが素晴らしく、お決まりのシーンにも深みを与えている。(プラス ウィノナ・ライダーがとことんきれい!)
[PR]
by ichio1970 | 2007-05-25 17:16 | 1990